信頼できる電子化代行を見極める方法②

電子化代行の実績を見る

①では、私たちがインタビューさせていただいたお客様のお声から『信頼できる電子化代行』を判断する材料が何なのか考え、一つ目として業者のホームページを挙げさせていただきました。業界としてあまりWebには力を入れない傾向があるため、丁寧に作りこみ、更新も続けている会社は信頼出来るのではないか…というお話でした。

とはいえ、いくら時間が無いとしてもホームページのデザインや稼働の有無だけで信頼性を判断することなどもちろん出来ません。実はこれからご紹介する2つ目の方がHPよりずっと重要…かも。

<そのままスキャンHP
そのままスキャンへ

②電子化の実績

ホームページを見る女性

それは実績です。簡単に言えば『どんな団体が利用し、どんな結果になったのか?』ということ。

ちなみに商材が『本』なので、スキャン総数●●ページとか、年間●万枚を電子化といった数を大々的に表示しているケースもありますが(そのままスキャンでも書いています)、単に枚数が多いから、年数が長いから信頼出来るとは言い切れません。極端な話、納品データをお渡しする段階でお客様が『何だこのクオリティーは!?』と幻滅しても、大量のページスキャニングした事実は変わりませんから、枚数だけ表示して量的な実績を綺麗にアピールすることは出来ますよね。純粋なページ数なら、変な話個人事業主や副業でも達成不可能ではありませんし、稼業年数も信頼と比例するとは限りません。

一方、会社名やロゴを表示、加えてご利用されたお客様へのインタビューまで実施し記事を公開していれば、ある程度その電子化代行は信頼出来ると言い切れます。なぜでしょう?

まずロゴですが、当然使用の権利はお客様が持っておられるので勝手に表記することは出来ません。そのままスキャン場合必ずお願いのご連絡を差し上げ、許諾が得られたもののみHPに掲載しています。

さて、例えば納品物にご不満のお客様が『お客様ロゴを使わせて欲しい』と言われた時、果たしてOKを出すでしょうか。当然円満な関係でなければ表記出来ません。つまりホームページで実績を見、ロゴが表記されている会社様に関しては少なくとも『ここの電子化を使ってよかったと思っている』と判断して良いと思います。そもそも良好な関係でなければお願い自体出来ませんが…

『ここで電子化してこうなった』ストーリーを見よう

インタビューのシーン

そしてインタビューですが、これはロゴ以上に信頼関係が構築されていなければ実施自体が非常に危ぶまれます。ロゴは勿論案件のご紹介、ご担当者様のお名前や顔まで出すことは社内コンプライアンスや資料のご事情、お客様の社内状況や時期的な問題等乗り越えることが沢山ある為です。

まずあり得ないと思いますが、ある電子化代行業者が実際にはお手伝いしていない会社様のロゴを勝手に掲載したとしましょう。ロゴはインターネットで幾らでも見つけることが出来ますから、掲載するのは簡単です(実際にやっている業者がいないことを祈ります)。

しかしインタビューとなるとそうはいきません。ご担当者様の言葉かどうかなど一目で分かりますし、オフィス内の写真やご担当者様のお名前や社内のご様子をお出しするのが一般的になりますから、嘘はつけません。

電子化代行を探している方は、一体どういった悩みを持っているのか、どうして電子化したのか、そして電子化したデータをどう活用しているのか?、そうした一連の具体的な電子化エピソードを、実際に経験した人の言葉で語るページが無いか探してみてください。様々な書籍を巡るストーリーや写真が豊富に掲載されていれば、それだけお客様との関係性、そしてサービスを紹介することへの力の入れようが見て取れます。あれば必ずホームページに掲載されているはずなので、把握するのに時間はかからない筈です。

なお、インタビューではないもののイニシャル表記でお客様の利用事例を公開している簡単なページもあります。これはインタビューの実施こそないものの匿名での公開ならOkとの許可を貰った故載せているのでしょうが、やはりお顔出しや実際に担当者のコメントを載せたインタビューに比べると、信頼性がかなり薄れます。ちなみにそのままスキャンではイニシャル表記は一切行わず、実際にお名前を表記させていただいております。

ここまでをまとめると、数ではなく『どこが電子化を依頼したのか?』そして『どんな結果になったのか?』という、個別具体的な実績があるかが信頼に足るかどうかの大きな分岐点になると考えています。

電子化の事例はどんどん更新中

ご利用企業様のロゴインタビューのシーン

こうするとこれから申し上げることにとって都合の良いブログになってしまいそうですが、そのままスキャンでは実際にご満足いただいた方々のロゴを掲載させていただいております。またインタビューも現在進行中ですが、皆さんがよくご存じの会社様を次々と掲載していく予定です。

インタビューをご快諾いただけたのは、もちろんお客様のご協力が一番ではありますが、少なくとも私たちの電子化にご納得いただけた為だと考えておりますし、現にそう言っていただけています。

今電子化代行をお探しの方はぜひ私たちの事例紹介ページを見てみてください。お客様の生のお悩みや声がそのまま掲載されているので、必ず参考になるはずです。ちなみに『ここで失敗した!』という点も隠さず載せています。私たちのサービスも日々改善中です。なお、事例紹介を一つの冊子にまとめた『事例紹介集』も、無料で配布しています。

以上二回に渡って『信頼できる電子化代行』についてお話してきましたがいかがでしょうか。一つ目も二つ目もWeb関係で、料金や担当者の印象など他にも重要なところは山ほどありますが、この二つは情報取集の手段がインターネットメインである以上必然的なものだと思います。ぜひ電子化代行を選ぶ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です