プロが教える『紙を綺麗にスキャンするコツ』+α

みなさん、スキャンしてますか?そのままスキャンは電子化代行なので、少ない人数で毎年100万ページ分くらいスキャニングしています。

これだけ電子化していると脊髄反射レベルで『綺麗にスキャンするコツ』が分かったりする(らしい)んですが、普通の方々はスキャンしても、完成した画像データを見て『あぁー…影ができた』みたいに落ち込むことも多いんじゃないでしょうか。このブログをクリックしたあなた、もしかして本や資料を綺麗にコピーする方法を探していませんでしたか?

という訳で本稿では、普通じゃない弊社スキャニング担当よりどうやって美しいスキャニングデータを作成するかについてじっくり解説していただくことにしましょう。書いてくれたのは以前のブログでアートスキャナ―について変態的に語ってくれた、破壊・非破壊スキャニングから画像処理まで知り尽くすスキャンマニア・麻岡です!

そのままスキャンへ

※当記事は、2018年2月23日に公開された内容を大幅に修正したものです。

スキャンするコツ・前置き

みなさん、スキャンしてますか?

今回はスキャナーが大好きな筆者によるスキャン講座になります。

え?オートスキャナーの記事はどうしたかって?そんなことよりスキャンの精度を上げる方が大事でしょう?

よく聞け、この世の書籍は二種類に分けられる

破壊して良いヤツと、破壊したら怒られるヤツだ。

この違いでスキャン方法が大きく変わる。筆者は全てを破壊して楽をしたい。まずはその違いを見ていこう。

破壊して良いヤツ

一般書籍

書店などで流通していたる、電子化してしまえば必要無くなる等、本そのものが貴重でない場合は裁断してスキャンする事で視認性をぐっと上昇させる事が出来ます。素敵ですね。元々一枚のペラ紙であるものなどもこちらに分類されます。

今回は一般的なフラットベット型(コンビニやオフィスにある、アクリル面に資料を押し付けて撮るタイプ)でのスキャンを想定してコツをご紹介しますが、ADF(自動給紙装置)があるならばそちらでスキャンする事も可能です。より素敵ですね。

破壊したら怒られるヤツ

貴重書

破壊すると怒られる物です。

この世に一冊しかない、絶版である、文化財である等々、その書物自体に価値のあるものがこちらになります。破壊して楽になりたいですね。

単純に破壊したく無い場合もこちらの分類になります。破壊して楽になりましょう。

見開いた時の真ん中の部分(ノド奧と呼びます)にが出来てしまうため、綺麗にスキャンすることが難しくなってしまいます。

どうですか?破壊したい気持ちが高まって来たでしょうか。

それでは早速、破壊スキャンの下準備について解説していきましょう。

全てを破壊し、全てを記録しろ

まずは本の裁断方法から解説していきます。本の形によってコツが必要になりますが、基本的な作業は同じです。

①表紙を切り離す

表紙の切り離し

ハードカバーの物は表紙・裏表紙部分を切り離す必要があります。本を広げて、上から覗くと分かりますが、本文と表紙部分が離れていると思います。その接合点をカッター等で切断し、分解しましょう。

文庫本や漫画など、本文と表紙等が合体している物に関してはこの作業は必要ありません。

②本文を数冊に切り分ける

ページの切り離し

本文の中央辺りのページを開き、背の部分をカッターで切断します。続いてその半分の中央ページを開き裁断・・・と言った手順で、本文をある程度の分量に切り分けていきます。

この際、背表紙にタイトル等書いてる本はタイトル部分が細切れになりますので、必要に応じて先にスキャンする等の処置を行って下さい。

③ノドの部分を切り落とす

ノドの切り落とし

切り分けた本文の糊でくっついている側(背表紙側)を切断し、各ページをバラバラにしていきます。切断後のページの順番が混ざると非常に面倒なので、順番はしっかり確認しておきましょう。また、本文の文字や、写真などの図を切ってしまわないよう、気をつけましょう。

以上で本の裁断が終了です。筆者はカッターでの作業が大好きなので本の破壊も大好きです。M刃、L刃、特L刃にローラーカッター、みんなかわいいですね。

裁断が終わったらスキャンして行きましょう。

スキャンパワー全開、この世で最も撮れるヤツ

フラットヘッド型でのスキャンは破壊・非破壊共に基本的には同じ処理をしていきます。置いて撮るだけなので簡単ですね。

なんて気楽に構えていると、襲い来る裏写りと謎の影、文字の伸びに傾きや一箇所に居座るゴミなどにボッコボコにされます

ドライバ等によりスキャン範囲を決めたり自動切り抜き等の機能などで切り抜く事も出来ますが、設定等の説明をし始めると細かくなってしまうので、汎用的なコツを紹介していきます。

裏写り

裏写り

書籍であれば裏の文字が、ペラ紙等であれば手の平が透けてしまうことがあります。この場合は、裏に黒い紙などを挟みましょう

これだけで裏写りがみるみるうちに押さえられます。

謎の影

影の映りこんだ書籍

スキャナのガラス面から少しでも浮いてしまうとスキャン後の画像では黒い影となってしまいます。しっかりと書籍を押さえ、隙間の無いようにしてスキャニングしましょう。

非破壊の書物の場合、この影がどうしてもでてしまいますので、なるべく背表紙の部分を押さえ、ガラス面に近づけるようにしてください。

文字の伸び

文字の伸びた本文

文字に限らず、画像などが伸びてしまう場合があります。これはスキャン中に書籍を動かした為に起きてしまう現象です。

こちらも、スキャン中にしっかり押さえて、動かないように対処しましょう。

妙な傾き

傾き画像

スキャナに対して垂直水平に書籍を置きスキャンしましょう。ページをめくる度に移動してしまうので、マスキングテープや付箋等で位置を決めてあげると良いでしょう。

ゴミが入ってしまう

ゴミの映ったスキャン画像

ガラス面の清掃をマメに行いましょう。また、スキャン中にプレビュー画面等でちゃんと撮れているかを確認し、ゴミを見つけたら払う、等の対策をすると良いでしょう。

基本は動かずずらさず毎画像しっかりと確認する事、です。スキャナの蓋が外れる場合は外し、外せない場合でも、蓋を開けたまま作業等をするとやりやすいでしょう。

これさえ守ればあなたも明日からスキャンマスター。この世のありとあらゆる物をスキャンして全てをPDFにしましょう。

終わりに

第二回はオートスキャナーって言ってたじゃないか!という読者諸君の声が聞こえてくるかもしれないが、そんなことは知ったこっちゃない。

筆者はスキャンが好きだし、スキャンも筆者が好き。であればスキャン講座を執筆するのも当然のことでしょう。

それはそうとして、最近アートスキャナーを動かす機会が増えてきました。次回こそはきっとオートスキャナーの話になる予定です。

貴重書籍を傷つけずに電子化するサービス

  1. 専用の非破壊スキャナーで傷つけずにスキャニング
  2. 書籍ほか図面、絵画、契約書、ガラス乾板まで対応可能
  3. 公共機関や大学様の実績多数
  4. スピーディな作業で急ぎの電子化もOK

詳しく見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です